FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米朝首脳会談の感想

 今日は、昼頃からテレビにかじりついて、米朝首脳会談の成り行きを見続けていました。


感想1(トランプ大統領が金正恩委員長を褒めた)

 前々から感じていたのですが、北朝鮮の金正恩委員長は、年が若いのに(一般的に34歳と推測されていました)、よくこれほどの独裁国家を維持出来ているものだと感心していましたが、今回、会談後のトランプ大統領の記者会見で、金正恩委員長は、26歳である事が分かってびっくりしました。

ちなみに、北朝鮮と深い関わりを持つ、各国の指導者の年齢差は、37~45歳もあり、まるで大人と子供です。
アメリカ トランプ大統領 71歳 (年齢差45)
韓国 文在寅大統領 65歳 (年齢差39)
中国 習近平国家主席 64歳 (年齢差38)
ロシア プーチン大統領 65歳 (年齢差39)
日本 安倍首相 63歳 (年齢差37)

日本で、将来の首相候補と期待されている、小泉進次郎議員も、若いようですが既に37歳です。
小泉進次郎議員 37歳(年齢差11)

トランプ大統領も、金正恩委員長の本当の年齢が気になって聞いたのでしょうね。年齢差は45歳で、親子というより、伯父・孫に近い年齢差に驚いたと思います。トランプ大統領が、金正恩委員長を褒めた気持ちが良く分かります。

この若さと、バイタリティーと、カリスマ指導者としての演出力が有るのなら、上手く誘導してやれば必ず立派な国になると、期待を持ったのではないかと思われます。

Togetter(2018-06-12 17:27:23)
トランプ大統領米朝会談後記者会見でのサプライズ集:「金正恩氏は実は26歳」「髪型もいいね!制裁は続ける!!「べつにオバマ大統領が悪いと言ってるわけではありません」 - Togetter
以下本文「・・・
米大統領は記者会見で #金正恩 委員長を才能ある人と評価したことについて「才能ある人だからだ」「26歳、そういう年齢でこれをできるのは1万人に1人しかいない」と述べました。
・・・」以上本文


感想2(共同声明の実効性)

 北朝鮮は、未だに、韓国と米国とは朝鮮戦争の休戦状態なので、どちらが戦争を再開しても不思議ではない状態のようです。平和な日本人には実感が湧きませんが、トランプ大統領が、「北朝鮮がICBMの開発を続けるなら、北朝鮮を攻撃する」という発言は、金正恩委員長からすると ”背筋がぞっとする”発言だったと思われます。

北朝鮮の金正恩委員長は独裁政治ですが、アメリカのトランプ大統領も、気に入らない側近を次々に解雇するワンマン政治です。どちらも、やりたい事をやる性分なので、お互いに似た者同士で、今回の会談でも意気投合する所が多かったのではないかと思います。

それと、お互いの年齢差が45歳なので、張り合う気持ちよりも、お互いの立場を尊重する気持ちの方が、強くなったのではないでしょうか。

今回の共同声明文書でも、トランプ大統領が金正恩委員長に対して、細かい具体的な条件を押し付けずに、”誠意を持って実行すれば、悪いようにはしない” とでも言いたそうな内容に見受けられます。

過去に、北朝鮮が具体的に約束した核廃絶の約束も、一方的に破棄された訳ですから、それよりも、今回のように、お互いの信頼関係に成り立った約束の方が、包括的であっても、より実効性の有る約束になると思います。

会談後に両氏が署名した、共同声明文書。
産経ニュース (2018.6.12 17:01)
【米朝首脳会談】トランプ、金正恩両氏が署名した共同声明(1-2ページ) - 産経ニュース
以下本文「・・・
新たな米朝関係の樹立は朝鮮半島と世界の平和と繁栄に寄与すると確信するとともに、相互の信頼醸成が朝鮮半島の非核化を促進できると認識し、トランプ大統領と金正恩委員長は次のように宣言する。
 (1)米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望通りに、新たな米朝関係の構築に向けて取り組む。
 (2)米国と北朝鮮は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、力を合わせる。
 (3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。
 (4)米国と北朝鮮は、戦争捕虜、戦闘時行方不明兵の遺骨の回収、すでに身元が判明している分の即時引き渡しに取り組む。
・・・」以上本文


感想3(北朝鮮の体制維持の意義)

 北朝鮮の独裁体制が崩壊すると、多くの貧しい人達が、豊な生活を求めて近隣諸国に移動を始めると思われますが、欧米でも不法移民に関しては、頭の痛い問題のようです。

アメリカでも、トランプ大統領が、アメリカへの密輸や不法移民防止対策に、メキシコ国境沿いに壁の建設を始めているので、もしも、北朝鮮の体制が崩壊すると、不法移民問題が発生する事は予想していると思われます。

日本でも既に、北朝鮮からの密入国者の存在が確認されていますが、更に桁違いに増加して、犯罪も増加するだろうし、保護か強制送還かなど、人道問題の絡んだ大きな社会問題になると想像されます。

特に、中国や韓国は北朝鮮と陸続きなので、貧しい人達が押し寄せてくる可能性が有ります。それを避けるためには、なんとか、北朝鮮が今の体制で、経済発展を達成して、飢えの無い豊な国になってもらいたい、というのが、中国や韓国や日本を含めた、世界各国の本音ではないでしょうか。

 しかし、現在の北朝鮮の金正恩体制は、脱国者を射殺したり、身内を殺害するような恐怖政治で独裁体制を維持しているので、国際社会の仲間入りをして経済発展するなど、そんな資格は無いと思われるかも知れませんが、大国ロシアでも、プーチン大統領は反対派の人物を暗殺し、選挙では不正投票を行っていると噂されていますが、それでも、国際的には一国の大統領として認められています。

また中国でも、1989年の天安門事件では、民主化を求めて集まった学生や一般市民のデモ隊を軍が鎮圧した時に、数百人もしくはそれ以上の死者を出したと言われています。その時に世界中が非難をしましたが、中国政府は・・・かなりうる覚えですが・・・ ”少しの犠牲者は出たが、我々は十億の人民を養わなければならないという事情がある”、というような内容のコメントをしたと記憶しています。

これらの、非人道的な行為を行った国家に対して、それを非難したり、経済制裁などが行われますが、その政府を完全否定せずに、政府の代表者と交渉する余地を残しているのが、現実の国際関係と考えられます。


感想4(日本の拉致被害者問題)

 今回の会談でトランプ大統領は、金正恩委員長に拉致問題の話をしたそうですが、本格的な交渉は日朝交渉でやる必要が有るようです。

拉致問題に関しては、過去に小泉首相が北朝鮮から3名の被害者を連れ帰った時に、私は、小泉首相の活躍に感動しましたが、被害者家族を含めた日本の世論は、むしろ失望的な感覚で受け止めたように思います。

北朝鮮にすると、日本人を拉致したという、国際的な犯罪行為を認めてまで、小泉首相に花を持たせて拉致被害者を帰した訳ですから、日本から、それなりの評価を受ける事を期待していたと思われます。

その後日本は見返りとして、経済制裁の一部解除を行いましたが、北朝鮮が核放棄をしていない事が判明して、経済制裁を再開します。

単なる推測ですが、恥を覚悟で決断をしたにもかかわらず、こんな見返りの少ないバカな事は、絶対に二度とやらない、と誓ったのではないでしょうか?

それでも、今年は、金正恩委員長が、自ら外交交渉を始めたので、これからは、日本が、どれだけ上手く外交交渉を進めるかの、手腕が問われる時が来たように思います。


≪追記(2018-06-14)≫

感想5(北朝鮮の非核化費用は、日韓が負担。拉致被害者返還交渉の好機?)

 トランプ大統領の独断的な発言には、驚いたり呆れたりしますが、米朝会談後の記者会見で、北朝鮮の非核化費用は「韓国と日本が支援してくれるだろう」と言ったようです。

確かに、韓国にとっては悲願の ”南北統一” には欠かせない支援だと思います。また、日本にとっても「拉致問題交渉」を再開する上で、欠かせない好機と考えられますので、日韓共に断れない提案と思われます。

アメリカは費用を負担せずに北朝鮮の非核化が出来るし、韓国や日本にとっては北朝鮮との強い接点が出来る訳ですから、一挙両得の案です。トランプ大統領の身勝手さには呆れますが、外交面で、超一流のビジネスマン的な上手い手法は、驚くほど感心します。

日本の外交交渉は、「正論」 を主張する事が交渉だと考えているように見えますが、国と国との交渉は、お互いの利害関係を争う交渉なので、実質的な損得を争う取引交渉と考えた方が現実的でしょう。

日本では、「過去の拉致被害者全員の、完全返還を要求する」 とか言う主張も有るようですが、それは 「正論」 であって、これを取引と考えると、それに対応する 「北朝鮮が得る利益」 は何かを真剣に考える必要が有ります。

ハイジャックなど、悪質な誘拐犯に交渉の権利など無いように、 「北朝鮮は、無条件で拉致被害者を返還すべきだ」 という考え方も有りますが、自国の利益最優先で動かざるを得ない党首を、そんな 「正論」 だけで動かす事は困難です。

元々、北朝鮮が 「正論」 を受け入れるようなまともな国なら、これほど世界から不安がられるような事態にはならななかったでしょう。それを分かった上で、なお、日本が北朝鮮に 「正論」 の要求を続けるとすれば、かなり疑問があります。

 私の交渉案としては、北朝鮮に対して、「拉致被害者捜索の支援金」 を出す提案です。これなら今後、北朝鮮の核放棄が遅々として進まなくても、また最悪、核放棄を断念したとしても、北朝鮮との繋がりを持ったまま交渉を続ける事が出来る可能性が有ります。

要するに、拉致被害者の問題が日朝間で解決すべき問題ならば、他国に文句を言わせないような、日朝間の取引に持ち込む必要が有るように思います。日本にとって、拉致問題に納得のいく進展があれば、北朝鮮にいくら支援しようが、日朝間の拉致問題解決のための取引であり、堂々と交渉続ければ良いと思います。

日本の交渉力は、まだまだ二流のように感じますが、与野党が結束し、これ機会に、上手い取引交渉を進めてほしいものです。

WORLD 生田綾 (2018年06月12日)
トランプ大統領、北朝鮮の非核化費用は「韓国と日本が支援してくれるだろう」
以下本文「・・・
(非核化に必要な費用の負担は) 「韓国と日本が大いに支援してくれるだろう。彼らは支援する準備ができていて、支援しなければならないことも知っているはずだ。アメリカはこれまでに多くの国で多大な費用をかけてきた。韓国は(北朝鮮)の隣国で、日本もそうだ。彼らは支援してくれるはずだろう」
・・・」以上本文


私のぼやき

 まぁ、こんな所で私がいくらぼやいても、屁の突っ張りにもならないのでしょうが、日本の政治家も、アメリカの威光を借りずに、直接、北朝鮮に対して、「拉致被害者の捜索費用を支援してやるから、拉致被害者を早く返せ」、と言えないものでしょうかね?

トランプ大統領も、金正恩委員長に対して、北朝鮮への経済支援は日本と韓国がやるだろう、しかし、日本からの経済支援を受けるには、日朝間の拉致問題解決が必要だという事を、示唆したように見受けられるので、願ってもない千載一遇のチャンスです。

「日本として、今後、北朝鮮の核廃棄の進展に関わらず、独自に、拉致被害者捜索の為の経済支援を行う」、とか、宣言してくれませんかね?

世界各国から、”悪乗りしている” と非難されるかも知れませんが、それくらいの ”したたか” な外交が必要な気がします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内の案内
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
菊 (1)
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オンライン
現在の閲覧者数:
プロフィール

Uno

Author:Uno
職業:2014年8月1日から、奈良県のある小学校の校務員になりました。67歳でも働かないと生活が苦しいですからね。

FC2アフィリエイト
FC2さんの広告です。
ブログ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

忍者AdMax さんの広告1
広告を掲載しました。
忍者AdMax さんの広告2
これはアフィリエイト用の広告です。
忍者AdMax
楽天さんの広告1
今度は、楽天さんの広告です。楽天さんは、私が2番目によく買い物をする所です。
A8.net さんの広告1
次は、A8.netさんの広告です。クリックするとそのサイトが開きます。
A8.net さんの広告2
内容は Amazon さんの広告です。
げん玉さんの広告です。
ポイントサイトのげん玉です。これをクリックしてから入会した人がいれば、私が紹介した事になります。
A8.net さんの広告3
紹介内容は、その都度変わるようです。
GetMoneyさんの広告1
GetMoneyさんの広告ですが、これもクリックして入会した人がいれば、私が紹介した事になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。