FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダジェットと防衛庁の純国産ステルス戦闘機

 ホンダは今年(2014年)6月28日、自社開発の商用小型ジェット機「ホンダジェット」の量産1号機の初飛行に成功しました。また、2014年5月8日には、防衛省が純国産で開発中の、先進技術実証機(ATD-X)愛称:心神の最終塗装も完了し、年内のテスト飛行を目指しています。

ホンダジェットと心神

いずれも、零戦以来、日本が世界に誇れる名機と言えそうです。


≪ホンダジェット≫

 ホンダは、商用小型ジェット機で、量産1号機の初飛行に成功しました。
ホンダは(2014年)6月28日、小型ジェット機「ホンダジェット」の量産1号機が初飛行に成功したと発表した。

ホンダジェット量産1号機
ホンダジェット量産1号機

ホンダジェットのサイト
HondaJet - EBACE

ホンダジェットの何が凄いかと言うと、エンジンを自社開発というのも驚きですが、それまでの、翼にエンジンを取り付けるのは非効率という常識に逆らって挑戦し、他社の同型機に比較すると、最大巡航速度は約10%向上、燃費性能は約20%向上、客室の広さも約18%向上という快挙を成し遂げて、グッドデザイン賞金賞、アメリカ航空宇宙学会より「エアクラフトデザインアワード2012」受賞なども果たしました。


苦労と逸話

しかし、7月4日の片山修氏の記事によると、その開発には想像を絶する苦労やエピソードがあったようです。

「極秘研究というので、開発者たちは10年以上にわたって家族にすら研究内容を話すことが許されなかった」

「実際、最初の3~4年は、ひたすら回せば壊れるエンジンをつくり続けることになった」

「北海道鷹栖にあるテストコースに櫓を組み、航空機エンジンを吊るして回したら、爆音に驚いた旭川の自衛隊基地から、ヘリコプターが慌てて偵察にきた――」

「(機体の)デザインに迷っているとき藤野氏は、サルヴァトーレ・フェラガモのハイヒールを見て、『これだ!』と、インスピレーションがわいた」

「GEのエンジニアは、ホンダのエンジンを見て、『こんなに小型でシンプルなエンジンに、これほどの性能が出せるのか』と舌を巻いたという。いわば、“大”が“小”にひれ伏したのだ」

「離陸」間近のホンダジェット、開発宣言から50年の舞台裏 “車屋”の発想による奇跡(1-3) ビジネスジャーナル 文=片山修/経済ジャーナリスト・経営評論家 (2014.07.04)



≪先進技術実証機(ATD-X) 愛称:心神≫

 防衛省が開発中の先進技術実証機(ATD-X)愛称:心神が完成し、年内のテスト飛行を目指しています。

機体塗装完了 平成年26月5月8日
心神塗装完成

その詳細が、2014年7月12日夜放送のTBS系番組「報道特集」で初公開された事がきっかけで、大きな話題になっています。

TBS系番組「報道特集」
国産ステルス機 完成へ 報道特集 TBSテレビ
(facebookですが、視聴出来るのは予告編だけです)

YouTubeに投稿された映像
報道特集 国産ステルス機開発 (2014.07.12) - YouTube

インターネット・ニュース
(1-3) 国産初のステルス戦闘機が初飛行へ 白地に赤を入れた日の丸イメージの塗装 J-CASTニュース

ブログ
神風通信 ATD-X・心神

2チャンネル
【軍事】日本初の国産ステルス実証機ATD-X「心神」、TBS報道特集でお目見え・・・2014年中に初飛行予定★2



≪性能≫

ATD-X(心神)は、ステルス性能や高運動性能を持つ設計をしてあり、第5世代戦闘機の性能実証を目標としています。ただし、AESAレーダーや武器の搭載はないので、純粋の先進技術実証機だそうです。

エンジン性能

今回、何が凄いのかと言うと、日本が自力で完成させたジェットエンジンが、重量当たりの推力では世界のトップレベルの高出力が出た事と、高運動性を持たせるための、アフターバーナー と推力偏向パドルも装備されています。

実証エンジン(XF5-1)の燃焼テスト
XF5-1エンジン


機体の性能

それと肝心の機体では、実物大の模型をフランスに送ってステルス性能を調査してもらったところ、中型の鳥よりも小さく、昆虫よりも大きい程度にしか探知されない高性能だったという事です。そして、報道特集の解説では、電波吸収塗装をしていないにも関わらず、電波吸収塗装をした機体に匹敵するステルス性能だったそうです。

報道特集の画像より
心神ステルス性能



≪第6世代戦闘機 i3(アイスリー)ファイター構想≫

 防衛省には、第5世代ATD-X(心神)の次に、第6世代戦闘機の構想があるようです。

i3(アイスリー)ファイター

名称の「i3」は「高度に情報化(Informed)/知性化(Intelligent)され、瞬時(Instantaneous)に敵を叩く」の頭文字をとったものだそうです。

i3 FIGHTER - Wikipedia

防衛省・自衛隊 将来の戦闘機に関する研究開発ビジョン(平成22年8月25日)


≪ATD-Xの主目的は、i3ファイターの完成と実戦配備≫

 TOKYO EXPRESSの松尾芳郎氏の記事では、今回の先進技術実証機(ATD-X)開発の目的は、実機が完成後に実践配備することを主目的とは考えていないようです。

では、何が主目的かというと、F-35戦闘機(42機+α)の配備後に、いずれその後継機が必要になります。その時に使用する第6世代戦闘機としてi3ファイターを使いたいので、その開発をする為に、ATD-Xが必要と考えているようです。

「F-35戦闘機(42機)などの後継として、『F-3』を充当し約200機を生産することを考えている模様。一方米海軍と空軍はF-Xと呼ぶ新戦闘機を2030-35年頃から配備したいとしている」

確かに、ステルス機が無い状態では、ステルス機の攻略方法など検討のしようがありませんからね。また、実機を飛ばして、現在のステルス機の欠点なども詳細に分析できなければ、より優れたステルス機の開発も無理ですね。

見かけは第5世代戦闘機の開発ですが、実質は第6世代戦闘機の開発が目標と、推測しているわけです。現在の最強戦闘機のF-22を、はるかに超えた戦闘機作りですね。

何れにしても、松尾芳郎氏の記事ではATD-Xの最高速度はM2.5と書かれていますので、テスト飛行で実現するかどうかが当面の課題でしょう。さらに、2012年の段階で、推進力が3倍のエンジンも開発を進めているそうなので、i3ファイターを目指している事は確かなようです。

TOKYO EXPRESS 松尾芳郎氏の記事(2012-11-12)
日本の次世代戦闘機f-3は実現するか? TOKYO EXPRESS


≪現在の日本の戦闘機≫

 現在日本の戦闘機は、F-4、F-15、F-2 の3機種ですが、F-4は第3世代、F-15は第4世代、F-2が第4.5世代の戦闘機と言われています。

日本の戦闘機

主要装備|[JASDF] 航空自衛隊

F-2戦闘機はアメリカの圧力で、アメリカ製のF-16戦闘機をベースとした、共同開発になりましたが、エンジンはアメリカ製で、主要部分は機密のままなど、日本にとっては実りの少ない開発になったようです。
(1-3) 国産初のステルス戦闘機が初飛行へ 白地に赤を入れた日の丸イメージの塗装 J-CASTニュース
(2014/7/15 16:05)


現在の日本の戦闘機では、第5世代と呼ばれる最新鋭の戦闘機には勝てません。

第5世代の最新鋭戦闘機は、アメリカのF-22戦闘機ですが、これは軍事機密としてアメリカは輸出禁止にしました。

動画 アメリカ F-22ラプター戦闘機(5世代戦闘機)
F-22ラプター
(2) F-22 Air Dominance - YouTube
(まさに、ハイテク装備の最強戦闘機。動画の出来栄えも最高)
補足(2017/11/21):この動画はもとのサイトから消えていましたが、やっと YouTubeで見つけました。この動画が一番好きです。なんか、この映像と、音響効果と、伴奏がマッチングしていて素晴らしい。

日本は、その代わりにF-35戦闘機を買うことになっています。

動画 アメリカ F-35ライトニング戦闘機(5世代戦闘機)
F-35ライトニング
航空機のF-35ファミリー F-35ライトニングII
(バリエーションが豊富で、垂直降下で空母に着艦するタイプあり)

F35のデモ映像はここにもありますが、伴奏が好みでは有りません。
(2) F-35 Flight Test Highlights - YouTube


しかし、そのF-35戦闘機の完成が遅れ続けており、今年の6月23日にも離陸直前に出火して、全機飛行停止の命令がでたようです。
ステルス戦闘機F35、出火事故受けて飛行停止 米国防総省発表、日本は42機購入の予定
(2014年07月04日 14時40分 JST )

更に、機体装備を欲張った為に重くなり、1機のエンジンでは負担がかかり過ぎる上に、力不足と言う意見も有るようです。第5世代戦闘機から、第4.5世代戦闘機へ格下げの性能にならなければいいのですが。
コラム:最新鋭ステルス戦闘機「F35」の宿命的欠陥 コラム Reuters
(2014年 07月 16日 12:36 JST)


日本は最初に、2016年度に4機を導入して、最終的に42機+αの予定ですが、2016年の導入は更に遅れる可能性が有りそうです。


しかし、中国は既にJ-20、J-30 という、第5世代の戦闘機を開発してテスト飛行を続けているようです。

動画 中国 J-20(殲-20)ステルス戦闘機(5世代戦闘機:配備時期は未定)
J-20.jpg
中国のJ-20ステルス戦闘機(2001&2002)2013年6月に飛行試験実施-YouTube
(歩く女性の後ろ姿から始まります。まだ、試験飛行の初期段階のように見えます)


また、ロシアもT-50 という、第5世代の戦闘機を開発し、2016年の運用を目標にテスト飛行をしています。

現在、T-50は唯一、アメリカのF-22戦闘機と対等に戦える戦闘機と推測されているようですが、模擬戦闘が行われていないので不明です。

動画 ロシア 戦闘機T-50 PAK FA (5世代戦闘機:配備時期は2016予定)
T-50(PAK FA)
☆T-50の飛行プログラムはMAKS-2013の三日目を完了した
(編隊飛行、急旋回、急上昇などの映像から見ると、配備が近いのも納得です)


≪その他、欧州の戦闘機≫

動画 イギリス・ドイツ・イタリア・スペイン ユーロファイター タイフーン(4.5世代戦闘機、実践配備済)
タイフーン
ユーロファイタータイフーン私たちの国の将来の保護
(さすが、実践配備済みの戦闘機です)
(バックミュージックはダフト・パンク? まるで映画の予告編のようです)

動画 フランス ラファール(4.5世代戦闘機、実践配備済)
ユーロファイターの開発途中で、フランスが抜け出して単独開発した戦闘機です。
ラファール
▶ Dassault Rafale 2014 Presentation - SIRPA AIR [French Air Force] - YouTube
(ミュージック、実音、肉声、映像を上手く構成してあります)


≪補足≫

第5世代戦闘機の外形比較
第5世代戦闘機の外形


≪余談≫

最新戦闘機の動画を見ていると、何故か血が騒ぎます。

wakaniさんの観察では、男性は幼少の時期から戦いや武器に興味が有るようです。きっと、遺伝子に刷り込まれているのでしょうね。

造形遊び
男は武器をつくる
さちうすって言うな 遊びの男女差


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Re: No title

有難うございます。
貴方のブログを拝見しました。
実は、私も今年は履歴書を書きました。
履歴書は、その企業にアタックする為のラブレターみたいなものですから、とても大切ですね。
ブログ内の案内
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
菊 (1)
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オンライン
現在の閲覧者数:
プロフィール

Uno

Author:Uno
職業:2014年8月1日から、奈良県のある小学校の校務員になりました。67歳でも働かないと生活が苦しいですからね。

FC2アフィリエイト
FC2さんの広告です。
ブログ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

忍者AdMax さんの広告1
広告を掲載しました。
忍者AdMax さんの広告2
これはアフィリエイト用の広告です。
忍者AdMax
楽天さんの広告1
今度は、楽天さんの広告です。楽天さんは、私が2番目によく買い物をする所です。
A8.net さんの広告1
次は、A8.netさんの広告です。クリックするとそのサイトが開きます。
A8.net さんの広告2
内容は Amazon さんの広告です。
げん玉さんの広告です。
ポイントサイトのげん玉です。これをクリックしてから入会した人がいれば、私が紹介した事になります。
A8.net さんの広告3
紹介内容は、その都度変わるようです。
GetMoneyさんの広告1
GetMoneyさんの広告ですが、これもクリックして入会した人がいれば、私が紹介した事になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。