秘密ファイルやフォルダを、隠蔽や暗号化するソフト

 私の場合は、隠蔽や暗号化したいフォルダは3種類あります。

第1は、インターネットで入会したり買い物をした時の、会員IDとパスワードを記録したファイルのフォルダ。
第2は、アダルト動画などのプライベートファイルのフォルダ。
第3は、ある団体の個人情報データベースファイルのフォルダ。

その中で第1と第2は、パソコン上で見えなければ、コピーも出来ませんが、第3は、USBメモリに入れて持ち運ぶ事がありますので、紛失して、プロの手に渡ったとしても大丈夫なように暗号化する必要があります。

1.パソコン内のファイルやフォルダを隠します。

 これは、隠蔽(いんぺい)ソフト”WiseFolderHider”を使います。
 (パスワードを知らない人には、隠蔽を解除できない方式です)

ダウンロードサイトは、Vectorからの方がいいでしょう。

Wise Folder Hiderのダウンロード Vector ソフトを探す!

インストールのやりかたは、ここが詳しいようです。

隠したいファイルやフォルダーにパスワードを付け非表示にできるフリーソフト「Wise Folder Hider」 - GIGAZINE

使い方のポイントを説明します。

インストールが完了したら、最初に、日本語表示に変えておきます。

01_日本語表示に変更


アイコン状態から始めます。
”WiseFolderHider”のアイコンをクリックします。

02_アイコン


パスワード入力画面が開きました。

03_ログイン画面

タスクトレイにアイコンが出来ました。
(注:タスクトレイのアイコンの有無に、注意が必要です)
ログインパスワードを入力します。


メインの画面が開きました。

04_中身は空

中に、何も入っていない事を確認したので、再度終了します。
(後で、この中に入れるので、今は無いことを確認しました)

アイコン状態から説明します。
アイコン状態では、タスクトレイに”WiseFolderHider”のアイコンはありません。

05_デスクトップのホルダー選択

デスクトップ上の「フォルダアイコン」(名前はファイルです)を右クリックして、「Hide Folder With・・・」を選択します。


すると、「ファイル」アイコンは消えました。
(注:タスクトレイに”WiseFolderHider”のアイコンが有る時は、後述の別のやり方です)

06_デスクトップのホルダー隠蔽


次は、エクスプローラーを表示して、「アダルト動画」フォルダを右クリックして、「Hide Folder With・・・」を選択します。

07_エクスプローラーのフォルダー


すると、「アダルト動画」の行が消えました。
(注:タスクトレイに”WiseFolderHider”のアイコンが有る時は、後述の別のやり方です)

08_エクスプローラーのホルダー隠蔽

これで、デスクトップのフォルダと、エクスプローラーのフォルダが隠蔽されました。
簡単でしょう!


それでは、”WiseFolderHider”ソフトを起動しましよう。

09_ソフト起動

パスワードを入力します。


消えた2つのフォルダが、ここにあります。

10_隠蔽されたホルダー


今度は逆に、隠蔽を解除してみましょう。
まず「アダルト動画」から隠蔽を解除します。

11_隠蔽解除


「アダルト動画」が、エクスプローラーに復帰しました。
次は「ファイル」を解除します。

12_エクスプローラのフォルダー解除


”WiseFolderHider”の中が空になりました。

13_隠蔽フォルダーなし

これで、デスクトップのフォルダも、エクスプローラーのフォルダも復帰しました。


 それから、隠蔽作業は、別のやり方もあります。
今度は、”WiseFolderHider”ソフトを、起動した状態の隠蔽作業方法です。

14_別の方法

”WiseFolderHider”画面の「フォルダを隠す」をクリックすると、エクスプローラが開きます。
その中から、隠したいフォルダ「展開」を選択して、「OK」ボタンを押すと、そのホルダが隠蔽されます。
(注:タスクトレイに”WiseFolderHider”のアイコンが有る時は、この方法で消します)


2.USBメモリで、重要データを移動するときは、ファイルやフォルダを暗号化しておきます。

 使いやすくて強固なのは、”アタッシェケース”という、ソフトだと思います。
(アタッシェケース ver.2.8.2.8 - 2013/02/14)

ダウンロードはここです。
作者 M.Hibara 氏 のサイト
HIBARA.org - 暗号化ソフト「アタッシェケース」

インストールが終わると、こんなアイコンが出来ます。

0_アイコン

使い方は、ヘルプの中にあります。

1_使い方

メニューの「ヘルプ」をクリックすると、ヘルプ画面が出ます。

2_ヘルプ画面

左側に目次が有って、右側に図解入りの説明が表示されます。


それから、私の場合は、最初に次の二つの設定をしておきます。

3_動作設定

設定は、歯車ボタンをクリックします。


一つ目は、「基本設定」で、「常に実行形式で出力する」にチェックを入れます。

5_自己実行形式

こうしておけば、相手側のパソコンに”AttacheCase.exe”がなくても解凍出来るからです。


二つ目は、「動作設定」で「圧縮率のバー」を一番左にします(「圧縮する」のチェックが消えます)。

4_圧縮しない

これは、暗号化作業を、少しでも早く終わらせる為です。


その他、持ち運ぶ暗号化ファイルを、USBメモリに入れる時は、”AttacheCase.exe”も一緒に入れておきます。

6_中身

これは、相手先のパソコンから、持ち帰るファイルが有る時に、持ち帰るファイルの暗号化が必要になるからです。
(”アタッシェケース”は、”AttacheCase.exe”だけで暗号化出来ます)


3.パスワードの作り方。

 アタッシェケースは、非常に強固な暗号化なので安心ですが、肝心のパスワードの方が心配です。簡単すぎるパスワードは、見抜かれる恐れがあるし、難しいパスワードは覚えきれない。しかし、メモに書くと、見られる恐れがあるのでなおさら心配です。

私もそうですが、大抵の人は、新しく作ったパスワードを忘れた事があると思います。

パスワードを新しく作る時は、あれこれ考えますので、思い出す時に、途中で考えた候補のパスワードも思い出して、最終的にどれに決めたのか自信がなくなって来たりします。

それで今は、「意味あり言葉」に隠せるようなパスワードを作って、使っています。

例えば、今考えたのですが、「今年の冬は寒い」です。その中のパスワードは、『fuyu8361』(冬は寒い)です。アルファベット4文字、数字4文字で綺麗ですね。

「今年の冬は寒い」なら、手帳に書いてあっても、他人が見ればメモ書きと思うでしょう。この文章だけで不安なら、もっと尾ひれをつけて、「今日も寒かったけれど、やっぱり”今年の冬は寒い!”と思う」のように、いくらでも長くして日記のようにも書けます。

「行きたいなー、花の都パリ」というメモ書きに、隠したパスワードは、『385pari』(都パリ)で、7文字です。

「昨年の流行語は、おもてなし」というメモ書きに、隠したパスワードは、『omote74』(おもてなし)で、7文字です。

「内閣総理大臣は安倍晋三さん」というメモ書きに、隠したパスワードは、『abeno393』(アベノミクス)で、8文字です。

「彼女の、誕生日プレゼントは嬉しかった」というメモ書きに、隠したパスワードは、彼女の誕生日(年月日の数字)です。

 要するに、他人が見ればメモ書きにすぎないけれど、自分がそのメモ書きを見た時に、一文字も間違わずにパスワードを読み出せるように工夫をします。


☆後書き☆
 今回は、年末・年始休みに、パソコンデータの整理をする人がいるかも知れないと思い、急いでまとめました。お役に立つかどうかわかりませんが。


☆☆☆補足☆☆☆
 隠蔽(いんぺい)ソフトとして、”WiseFolderHider”を紹介しましたが、実は少々難点が見つかりました。
ドライブ内の、ファイルやフォルダ情報を表示してくれるソフトを使うと、隠したフォルダやファイル名が見えてしまう事が分かりました。ファイル名が見えるだけで、削除もコピーも開く事も出来ませんが、かなり気になります。

≪実際に見てみましょう≫

ドライブ情報表示ソフトは”DriveAnalyzer”です。
(DriveAnalyzerの詳細情報 Vector ソフトを探す!)

1.まず、3種類の隠蔽ソフトでフォルダを隠してみます。

”WiseFolderHider”で、「隠蔽ホルダ1」を隠します
01_隠蔽1


”Mirage Colloid”で、「隠蔽フォルダ2」を隠します。
(Mirage Colloidの詳細情報 Vector ソフトを探す!)
02_隠蔽2


”Shinobist Ⅱ”で、「隠蔽ホルダ3」を隠します。
使ったのは、30日限定の無料版で、無期限の製品は有料で、2,500円(税込)です。
(ファイルやフォルダ、履歴などを隠して守る プライバシー保護ソフト「Shinobist II」)
03_隠蔽3


全部消えました。エクスプローラーでは何も表示されません。
04_隠蔽後



2.隠したフォルダを、”DriveAnalyzer”で見ました。

05_”DriveAnalyzer”で表示



”WiseFolderHider”で隠した、「隠蔽ホルダ1」を見ます。
このアイコンが目印です。06_1の目印
次々と、マウスでクリックしていくと、
07_1のフォルダ表示
「隠蔽フォルダー1」の中に「ピンク」フォルダが有って、その中に”Serena ピンクの弾丸 MF.wmv”が表示されます。

右クリックすると、「アプリケーション」メニューがありますので、これを選択します。
08_1のファイル表示
しかし、何も表示されません。その他「移動」「コピー」「削除」を選択しても何も変化は有りません。
ただ、ファイル名の表示が気になります。



次は、”Mirage Colloid”で隠した、「隠蔽フォルダ2」を見ます。

このソフトは、次のような所に隠せるので、探すこと自体が難しいと思いますが、例えば「Internet Explorer」に隠したとしましょう。
•Internet Explorer
•ごみ箱
•コントロール パネル
•Web フォルダ
•Downloaded Program Files
•Offline Web Pages
•マイ ネットワーク
•プリンタと FAX
•タスク

「Internet Explorer」の時は、このアイコンが目印です。
10_2の目印
「ピンク」フォルダの中に、”Serena ピンクの弾丸 MF.wmv”が表示されます。
10_2のフォルダ表示

右クリックすると、「アプリケーション」メニューがありますので、これを選択します。
11_2のファイル表示

いきなり、メディアプレイヤーの画面が表示されて、再生が始まりました。
12_メディアプレーヤー起動これは、かなり、ドキッとします。


最後は、”Shinobist Ⅱ”で隠した、「隠蔽フォルダ3」を見ます
このソフトは、隠すドライブを選べますが、今回は「B:」ドライブに隠しました。
このアイコンが目印です。
13_3の目印
隠したフォルダ名もファイル名も表示されません。
14_3のフォルダ表示

とりあえず、ファイルを右クリックして、「エクスプローラ」を選択してみます。
15_3のファイル表示

しかし、”アクセスが拒否されました”の表示でストップします。
16_アクセス拒否
安心ですね。


3.その他、暗号化ソフト

”TrueCrypt”というソフトは、隠蔽では無くて、ドライブやフォルダやファイルを暗号化しますので、重要書類などを扱うノートパソコンを持ち運ぶ人には便利でしょう。

仮想暗号化ドライブ作成 TrueCrypt-FreeSoftNavi

このソフトは、まず、暗号化された仮想ドライブを作ってその中に隠したい物を入れます。その仮想ドライブは「アタッシェケース」と同じように強力な暗号で守られていて、解読不可能です。

このソフトはフリーソフトにも拘らず、市販品並みに高機能だそうですが、最初の仮想ドライブの作成とその中に隠す物を入れる時に時間がかかります。
17_”TrueCrypt”画面
それと、操作がマニアックで、ちょっとしり込みします。(^_^;

4.それぞれの隠蔽ソフトの特徴

”WiseFolderHider”は、操作が非常に簡単で、使い勝手は一番良いのですが、フォルダ名やファイル名が見えるというのが、どうも気になります。

”Mirage Colloid”は、隠し場所が多彩なので、見つかる可能性は少ないとは思いますが、もしも見つけられるとファイルを開かれる心配があります。

”Shinobist Ⅱ”は、フォルダ名やファイル名も見えないし、隠蔽ファイルが見つかっても開けないので安心ですが、2,500円(税込)が高いか安いかの判断ですね。

”TrueCrypt”は、社外秘資料などを扱う人には必要なのでしょうが、手軽に扱いたい人には不向きでしょう。

ということで、私は”Shinobist Ⅱ”の体験版をもう少し使ってから、使い勝手が良ければ買おうかなと思っています。

☆しばらく両方使ってみましたが、”WiseFolderHider”は使い勝手がいいです。慣れてしまうと他のツールは使いづらいですね。☆

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内の案内
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
菊 (1)
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オンライン
現在の閲覧者数:
プロフィール

Uno

Author:Uno
職業:2014年8月1日から、奈良県のある小学校の校務員になりました。67歳でも働かないと生活が苦しいですからね。

FC2アフィリエイト
FC2さんの広告です。
ブログ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

忍者AdMax さんの広告1
広告を掲載しました。
忍者AdMax さんの広告2
これはアフィリエイト用の広告です。
忍者AdMax
楽天さんの広告1
今度は、楽天さんの広告です。楽天さんは、私が2番目によく買い物をする所です。
A8.net さんの広告1
次は、A8.netさんの広告です。クリックするとそのサイトが開きます。
A8.net さんの広告2
内容は Amazon さんの広告です。
げん玉さんの広告です。
ポイントサイトのげん玉です。これをクリックしてから入会した人がいれば、私が紹介した事になります。
A8.net さんの広告3
紹介内容は、その都度変わるようです。
GetMoneyさんの広告1
GetMoneyさんの広告ですが、これもクリックして入会した人がいれば、私が紹介した事になります。